危険な融資可能DM

よく聞くメジャーナサラ金や、クレジット系からDMが届いたら、あなたのサイムリストが危ないところを巡り巡っています。

そんなDMをよく見てください。どこか不自然ではありませんか?

会社名がそっくりでも一字違っていたり、また社名もロゴも全く同じように見えても、そのハガキの内容を一字一句確かめていけば、それがあなたの知っている業者ではないことに気づくことは容易だと思います。

もし、それが巧妙につかられたDMだとしても、インターネットで検索して電話番号や住所などをその業者の公式サイトと照らし合わせれば一発でわかります。

「ああ、こんな大手からのDMなら信用できるなどと、軽率に電話などしたらもう大変です。なぜなら、それはヤミ金の罠ですから・・・。

一度電話などしてしまったら、これでもかというほど追い回されてしまいます。絶対に「ちょっと問い合わせ」なんて気軽な気持ちを持たないでください。

そして、1枚DMが来ると軒並みに同じようなDMが届きだします。それは、同じ業者が名前を変えて送り付けてくるものもありますが、あなたの個人情報がヤミ金の間で売買され、たくさんの業者にあなたの借金情報がめぐってしまっているという証拠です。

そのリストを止めることはまず不可能です。あなたにできる対策は、ただ、そんなDMに手を出したり、悪徳業者の挑発に乗らないということです。

たとえ、そのようなことを警察に相談にいっても警察は助けてくれません。

あくまでも民事は民事で、この件については法律家の範疇ですので、刑事事件にでもならなければ警察は動いてくれません。

どうしても助けを得たいのなら、法律家に相談することをお勧めします。

ヤミ金対策

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ