ヤミ金業者

ヤミ金というのは、法律に定めのある貸金業者としての登録をしていなかったり、または登録があったとしても、出資法の上限を超えるような違法な利息で貸し付けをしている業者のことを指し、全国的に被害が発生しています。

こうした法律上の制限利息を超える貸し付けなどの場合には、不法原因給付とよばれる規定によって、借りた側にはそもそも返済する義務もないことになりますが、ヤミ金である相手に対抗できるだけの法律知識がなければ、被害を断ち切るまでには至らないケースが多いとみられます。

こうした場合、事件性があることが明らかであれば警察に、あいまいな場合でも法律問題の専門家である弁護士に相談をすることによって、対策のいとぐちが見えてくることがあります。

実際の相談にあたっては、契約の内容、取り立てのようす、現在の収入や資産の状況などがわかるような資料を持参するようにすれば、法律にもとづいた適切なアドバイスが得られるはずです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ