ヤミ金融対策法

ヤミ金の取立て電話に困ったら > ヤミ金融対策法

ヤミ金被害を守ってくれる法律

ヤミ金融対策法

悪質なヤミ金の被害から債務者を守ってくれる法律がちゃんとあります。

それはヤミ金融対策法という法律です。

債務の処理を弁護士や司法書士に依頼すれば、困っている取立ての督促電話に関しては、以下のように定められています。

「債務者等が、貸付けの契約に基づく債権に係る債務の処理を弁護士若しくは弁護士法人若しくは司法書士若しくは司法書士法人(以下この号において「弁護士等」という。)に委託し、又はその処理のため必要な裁判所における民事事件に関する手続をとり、弁護士等又は裁判所から書面によりその旨の通知があつた場合において、正当な理由がないのに、債務者等に対し、電話をかけ、電報を送達し、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は訪問する方法により、当該債務を弁済することを要求し、これに対し債務者等から直接要求しないよう求められたにもかかわらず、更にこれらの方法で当該債務を弁済することを要求すること」

※ヤミ金融対策法抜粋

以上により、債務の処理を弁護士や司法書士に依頼すれば、ヤミ金業者は電話や訪問による取立てができません。

その他にも、高金利については以下のように記されています。

「登録業者・無登録業者を問わず年109.5%を超える利息での貸付契約を行った場合には、当該契約は無効であり、利息については一切支払う必要がありません。」

※金融庁ホームページ抜粋

ヤミ金との対決

素人が一人で戦うのは危険です

たとえ法律があるからといって、素人が一人でヤミ金に立ち向かうのは危険です。

何をされるかわからないのがヤミ金。

たとえ最後まで戦い抜いて、ヤミ金が取立てをあきらめたとしても、その間にあなた以外の人までその騒動に巻き込まれてしまうかもしれません。

貴方が借金をするときに書かされた契約書には、あなたの個人情報とともに、家族はもちろん親や兄弟、あるいは親戚まで電話番号や勤め先まで記入させられていませんか?

そんな人たちまで巻き添えになってしまうことも考えて、自分だけで解決しようなんてことは考えないでください。

法をもって盾にしようとしても、素人がそう簡単に戦えるものではありません。何しろヤミ金はそんなことに慣れています。

餅は餅屋。信頼できる弁護士や司法書士の力をかりて、安全に解決することをお勧めします。

 

↓ヤミ金に強い法律事務所↓
ジャパンネット法務事務所


参照>>金融庁ホームページ「ヤミ金融対策法に関するページ」