ヤミ金の相談

ヤミ金の取立て電話に困ったら > ヤミ金の相談

ヤミ金にひっかっかてしまったら

ヤミ金から迂闊にもお金を借りてしまい、元金の返済とあわせて法外な利息を支払うように強制されて困っているという悩みは少なくはありません。

こうしたヤミ金というのは、もともとが出資法とよばれる法律の条文に違反した金利での貸し付けを行っているものですので、法律上は返済の必要すらないことになります。

しかし、実際に借りた本人が個人として対応するには限界がありますので、こうした場合には、迷わず弁護士や司法書士に相談をするのが一番といえます。

弁護士や司法書士は法律の専門家ですので、相談のなかで事実関係を把握した上で、ケースに応じた適切な対応の方しかたなどについてのアドバイスをしてくれます。

相談の上で弁護士に対応を依頼する場合には、受任通知とよばれる文書が、ヤミ金に対して送付されることになります。

この文書を受け取った場合、貸金業法の規定により、以後は弁護士をまじえずに直接本人に対して取り立て行為や交渉などをすることができなくなります。

ただし、弁護士や司法書士といってもすべてがヤミ金の債務整理を行ってくれるとは限りません。無法者のヤミ金には、ヤミ金を熟知した専門家でなくては歯が立たないケースがあります。

そのため相談は、ヤミ金対応とうたっている法律事務所で行うことをお勧めします。

 

↓ヤミ金に強い法律事務所↓
ジャパンネット法務事務所